2016年の診療は5417件、手術件数は171件、
2017年の診療は5820件、手術件数は203件です。
不妊手術なども全て院長が責任をもって対応しますので安心して受診してください。
当院で治療困難な難治性疾患や整形外科疾患などは東京大学を紹介することがあります。

動物保険・クレジットカードの取り扱い

アニコム、アイペットは窓口清算ができます。
その他の保険会社の請求に必要な診断書作成費用は基本的に無料です。
VISA、MasterCard、JCB、AmericanExpress、Diners Clubはご使用になれます。

対象動物

犬、猫、うさぎ、ハムスター、フェレット、モルモット
※その他の動物種に関してはお電話でお問い合わせ下さい。dog

診療内容

一般診療・予防接種・避妊去勢手術・その他外科手術
歯科処置・定期健康診断・セカンドオピニオン・皮膚科治療

診療料金

初診料: 1,080円
再診料:  540円

混合ワクチン

犬6種混合ワクチン: 7,020円
犬9種混合ワクチン: 7,020円
猫3種混合ワクチン: 5,400円
フェレット2種混合ワクチン: 5,400円
狂犬病ワクチン   : 3,000円

※江東区・墨田区・中央区にお住いの方は保健所への手続きを
無料で代行します。

不妊手術 (犬・猫・うさぎ)

当院では基本的に日帰り手術を推奨しています。必要最小限の傷口で手術し、
適切な疼痛緩和をするため日帰りで大丈夫です。
手術後、慣れない病院のケージよりも自宅で過ごす方が心も身体も休まると考えています。
ご希望があれば1泊入院もできます(追加費用はかかりません)。

手術は予約制です。事前に身体検査を行った上で、手術方法、当日の流れ、費用、麻酔のリスクなどを直接ご説明し、飼い主様にご理解いただいてから予約をしていただくようにお願いしております。特にうさぎは麻酔管理、手術後のケアが犬猫に比べ難しいため、よくご相談させていただいた後に手術しています。

手術の流れ

手術当日は絶食を厳守し、午前中に来院してください。
身体検査、血液検査にて全身状態の確認、麻酔のリスクを評価します。
14時頃に手術をします。オスで30分、メスで60分程度です。
18時以降にお迎えにいらしてください。

●費用(診察、血液検査、麻酔、注射、手術、内服薬料など全て含む)
オス 28,620円
メス 39,420円
※高齢の子や身体検査上問題がある子は追加検査が必要な場合があります。
※体重が20㎏以上の場合は5,000円程度追加費用がかかります。

ペットホテル

当院で継続治療中の子や高齢の子も受け入れています。
お預かり中に具合が悪くなった場合もすぐに対応します。

・予約制となります。お電話、または来院時にお問い合わせください。
・初めてご利用になられる方は事前に診察をさせていただきます。
・院内感染予防のため、1年以内のワクチン接種、
1ヶ月以内のノミ・マダニ予防をお願いしております。
お済みでない場合は当院にて実施させていただきます。
・ホテル中は朝夕のお散歩をします。
・お預かり、お迎えの時間は診療時間内となります。
・フードは当院にて御用意出来ますが、特定のフードがある場合はご持参ください。
1泊2日(半日料金は半額)
猫          4,000円
小型犬(10kg以下) 4,000円
中型犬(10-20kg) 5,000円
大型犬(20-40kg) 6,000円
※40kgを超える超大型犬はご相談下さい。

ペットドック

ペットドックとは、ワンちゃん・ネコちゃんのための定期健康診断です。
当院では1年に1回のペットドック受診をおすすめしています。
尿や便は病院内でも採取できます。

7歳未満の健康な子に

・身体検査・血液検査(全血球検査、血液化学検査11項目)
・尿検査・糞便検査
予約なしで当日受けられます。費用は8000円です。

7歳以上の子、しっかり検査したい子に

・身体検査・血液検査(全血球検査、血液化学検査17項目)
・尿検査・糞便検査
・腹部超音波検査・レントゲン検査(胸腹部4方向)
予約制です。お電話でお問い合わせください。費用は20000円です。

追加検査

症状や結果により追加検査を提案することがあります。
・心臓超音波検査・環境アレルギー検査・食物アレルギー検査・甲状腺ホルモン・副腎皮質ホルモン・腎機能マーカーなど

飼い主のいない猫の不妊手術

平成27年度の飼い主のいない健康な猫の殺処分は67,091匹です。東京都はオリンピック開催の2020年までに殺処分ゼロを目指しています。
人と猫がお互い幸せに共存するためには、猫の過剰繁殖の抑制と猫を家族として向かい入れることが大切です。
江東区保健所の「飼い主のいない猫の不妊手術の助成金」を申請された方は当院で手術が受けられます。
できる限り協力していますが手術日は限りがありますので猫を保護する前にご相談ください。